全英オープンは松山英樹の番か。メジャーで続く「初制覇」のトレンド

WEEKLY TOUR REPORT
◆米ツアー・トピックス

 次週、今季メジャー第3戦の全英オープン(7月20日〜23日/ロイヤルバークデールGC/イングランド)が開催されるが、ここまで過去7戦、メジャー大会は「初制覇」という状況が続いている。

 皮切りとなったのは、2015年の全米プロ選手権。ジェイソン・デイ(29歳/オーストラリア)のメジャー初制覇だ。以降、2016年のマスターズはダニー・ウィレット(29歳/イングランド)が、全米オープンはダスティン・ジョンソン(33歳/アメリカ)が、全英オープンではヘンリク・ステンソン(41歳/スウェーデン)が、そして全米プロ選手権はジミー・ウォーカー(38歳/アメリカ)が勝って、それぞれ初のメジャー制覇を遂げた。

 さらに今季もその傾向は続き、マスターズを制したのは、セルヒオ・ガルシア(37歳/スペイン)。メジャー参戦74試合目にして、ようやく手にしたメジャータイトルだった。そして、松山英樹(25歳)が2位に入った全米オープンでも、ブルックス・ケプカ(27歳/アメリカ)がメジャー初優勝を飾った。

 連続するメジャー初制覇――この不思議なトレンドは、どうしてこんなに続くのだろうか?

「メジャー初制覇といっても、デイ、ジョンソン、ガルシアと、ビッグネームが続々と勝っている。しかし、1度(メジャーを)勝ったからといって、2勝目を挙げるのが決して簡単なことではないのが、メジャー大会の厳しいところだ」

この記事の続きを読む

1