欠場の浦和戦で若手ライバル台頭も、なぜ香川真司は余裕たっぷりなのか

 日本サッカーの成長と、一方で埋めきれない大きなギャップ。その両面が感じられた一戦だった。

 浦和レッズがドルトムントを埼玉スタジアム2002に迎えた「Jリーグワールドチャレンジ」は、序盤からいきなりドルトムントの一方的な展開となった。

「最初の15分が一番きつかった」

 MF柏木陽介がそう振り返ったように、浦和は立ち上がりからドルトムントのプレッシャーに苦しみ、後方に追いやられてしまう。何とか最終ラインでしのぐものの、セカンドボールを拾われて、ふたたびピンチを招く。そんな負のスパイラルに陥った浦和が失点するのは、時間の問題かと思われた。

 それでも徐々に対応力を示し、プレッシャーをかいくぐる場面が増えると、右サイドのMF関根貴大の突破を促して好機を創出。そして24分、その流れから手にしたコーナーキックのチャンスをFW興梠慎三が合わせて先制ゴールを奪取する。番狂わせの予感を十分に漂わせた。

 もちろん、ドルトムントにもエクスキューズがあった。新シーズンが始動してわずか1週間。しかもピーター・ボス監督が就任したばかりとあって、組織的な連係を求めるのは難しい状況にあった。日本に着いたのは前日であり、コンディション面にも大きな不安があった。

この記事の続きを読む

1