あのDMMが競馬を変えるか。キタサン全弟ほか、良血馬をまとめ買い

 7月10、11日の両日、日本最大のサラブレッド市場「セレクトセール2017」(主催・JRHA日本競走馬協会)が、北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて行なわれた。

 今回で20回目の節目となる開催で、例年、売上額の上昇がとどまるところを知らないこのセールだが、既にスポーツ紙等の報道でもあったように、今年もその数字を伸ばし、2日間で1歳馬と当歳馬の合計462頭が上場、そのうち406頭が売却されて、落札総額は173億2700万円(税抜き、以下同)と、5年連続で過去最高を更新した。内訳として、1億円以上の取引値がついた馬は、昨年の23頭を大きく上回る32頭に上った。これに呼応するように、1億円より下の価格帯でも、軒並み取引が活発となり、全体の売却率、平均価格も上昇し、過去最高額につながることとなった。

 その要因のひとつとして考えられるのが、この1年でのセレクトセール出身馬による好成績だ。一昨年のセレクトセール以降の1年間でGI勝利はミッキークイーンの秋華賞のみだったのが、昨年のセレクトセールからの1年間では合計8つのGI(海外を含む)勝利を記録した。

この記事の続きを読む

1