U19W杯で歴代最高の10位。接戦の連続に日本バスケの未来が見えた

 世界のトップ10入り――。たとえミラクルは起こせなくとも、この夏のU19日本代表は、世界でインパクトを残したチームだったことは間違いない。

 7月9日までエジプトの首都カイロで開催されたU19ワールドカップで、日本は大健闘の10位という成績を収めた。世界のトップ10入りは、A代表を含めたFIBA(国際バスケットボール連盟)主催の大会では歴代最高順位。アジア予選を勝ち抜いて世界大会に出ることさえ難しい男子バスケの実情を考えれば、アンダーカテゴリーとはいえ明るい話題だ。

 日本は昨年のU18アジア選手権で準優勝して18年ぶりの出場権を得たが、ワールドカップ本選にはNCAAの強豪、ゴンザガ大で1年プレーした八村塁を大会直前に招集した。その八村と出場権をつかんだメンバーたちが「世界を驚かそう、ミラクルを起こそう」との思いで、一体となって戦ったのだ。

 予選ラウンドでマリに1勝を挙げ、ベスト8進出を決めるイタリア戦は2点差で惜敗。目標としていたベスト8入りは逃したものの、順位決定戦では「アジアで1位になる」「世界のトップ10に入る」と再設定した目標のもと、アジアのライバルである韓国、開催国のエジプトを下して大会3勝をマーク。アジア1位とトップ10という目標をクリアした。

この記事の続きを読む

1