荒れまくる中京記念。3人の穴党記者が「ボーナス補填」のお手伝い

 夏の中京開催もいよいよ最終週を迎える。フィナーレを飾るのは『サマーマイルシリーズ(※)』の初戦、GIII中京記念(7月23日/芝1600m)。夏のマイル重賞にリニューアルされた2012年以降、過去5回とも1、2番人気の連対はなく、うち4回は3連単の配当が20万円以上と、現在の日本列島同様、非常に"アツい"レースとなっている。
※夏競馬を盛り上げるために2006年から行なわれている重賞のシリーズ戦。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にした『サマースプリントシリーズ』をはじめ、芝マイル戦の『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦の『サマー2000シリーズ』がある。

 そして今年も、予断を許さないメンバーが集結し、波乱ムードが漂っている。はたして、その一翼を担うのは、どの馬なのだろうか――。

「この時期の中京コースはタフで、東京や京都で大きいところを勝つようなキレッキレのマイラーより、そういったタフなコースを得意とし、スピード面で少し足りないようなイメージを持った馬に向いていると思います。言い換えれば、長く、それなりの脚を使えるけれども、勝ち切れないタイプ」

 このレースの特徴をそう語るのは、デイリー馬三郎の木村拓人記者。そして、こう続ける。

「というわけで、毎回過剰人気でちょい負けしているグランシルク(牡5歳)あたりにはこれ以上ない舞台。むしろ、ここで勝てないなら、どこで勝てるの? という感じです。ただ、今回も人気にはなると思うので、馬券的な"旨み"はないかもしれません」

この記事の続きを読む

1