断られた過去、古巣の仇。柴崎岳のヘタフェ移籍にまつわる不思議な縁

「うちが昇格して柴崎を獲得すれば何も問題はないだろ。だからお前もヘタフェを応援するよね」

 リーガエスパニョーラ・プリメーラ(1部)昇格プレーオフ決勝第2戦、ヘタフェ対テネリフェの試合前日、友人のチケットを買いにスタジアムを訪れた際に、ヘタフェの広報担当者に言われた言葉だ。その時はお互いに現実になるとは考えもしていなかった。だが、7月18日、日本人MF柴崎岳の入団がマドリードのクラブから公式発表された。

 契約期間は2021年6月までの4年。テネリフェと柴崎の契約は6月末日で終了しており、移籍に関しての違約金はかからない。ベティス、マラガ、アラベス、セルタ、エスパニョール、レバンテと、その移籍先として様々なチームの名前が挙がったが、柴崎がスペインでの新たなシーズンの戦いの舞台として選んだのはテネリフェのプリメーラ昇格の夢を打ち砕いたヘタフェだった。

 急転直下で決まった日本人MFの移籍だが、ヘタフェは数年前、柴崎側からの売り込みに対して断りを入れたチームだった。その評価が大きく変わったのは、この半年で見せた柴崎のパフォーマンスにあったことは間違いない。だが同時に、ヘタフェのスポーツディレクターが交代したこともひとつの要因だろう。

この記事の続きを読む

1