「世界で唯一」の大技出た!女子飛込み・板橋美波がぶっつけ挑戦

 自身最大の武器であり、女子選手では世界で唯一彼女だけが飛べる難易率3.7の"前宙返り4回半抱え込み(109C)"を封印し、板橋美波(JSS宝塚)は世界選手権女子高飛込みの予選と準決勝に臨んだ。ともに2本目と3本目でミスをして次のラウンドへの通過順位を下回りながらも、終盤の"前宙返り3回半エビ型(207B)"と"後ろ宙返り2回半1回半捻りエビ型(5253B)"で挽回。結果的に予選は後ろから4番目の15位で、準決勝ではギリギリの12位で決勝へ進出した。

 だが、そのギリギリの戦いが板橋の心に火をつけた。「刺激なんてものじゃないくらい悔しかったし、元々109Cはやりたいと思っていたので......」と振り返る。

「4日前の練習の時に、リオデジャネイロ五輪で初めて話をした男子選手に『109Cは使わないのか』と聞かれ、その時は予定していなかったので『使わない』と言ったら嫌な顔をされたのですごく悔しかったんです。109Cは2月の試合前に飛んで足首を痛めて以来飛んでなかったのですが、昨日1本だけ飛んだら『本当に数カ月ぶりなの?』というくらい(よく)飛べたので。それで準決勝が終わったあとで馬淵崇英コーチに『種目このままでいいですか』と聞くと、『やりたいのか?』と聞かれたので『できたらやりたいです』と答えて......。それで急遽変更することになったんです」

 久しぶりに109Cを試合で飛べると思うと朝からテンションが上がり、ソワソワしてジッとしていられなかったという。それでも試合ではいつもより集中して体が軽く感じ、動けすぎて怖いくらいだった。予選と準決勝では、60.80点と67.20点しか出せていなかった最初の"後ろ踏み切り前宙返り3回半抱え込み"で75.20点を獲得する3位スタート。さらに2種目目の倒立飛込みでは、前日を上回る68.80点を獲得した。

この記事の続きを読む

1