元世界1位ヒューイットが錦織圭を諭す。「自分の力を信じるべきだ」

 錦織圭がトッププレーヤーにとって本当の勝負といわれるグランドスラム第2週に残れなかったのは、2015年US(全米)オープン1回戦敗退時以来だった。

 第9シードの錦織(ATPランキング9位、大会時)は、ウインブルドン3回戦で、第18シードのロベルト・バウティスタ アグート(19位、スペイン)に敗れて、2年連続のベスト16進出はならなかった。

 3回戦で錦織はブレークポイントを11回得ながらも2回しか取ることができず、さらにアンフォースドエラー(凡ミス)を48回も犯し、半ば自滅する形で敗れた。

「一番(の敗因)は取りきれないところ。リターンゲームもそうでしたけど、大事なポイントが取れないことが多くありました。試合によって、そういうもどかしさが多くあります。それは自分のプレーの仕方なのか、気持ちの持ちようなのか、原因はいろいろあると思います」(錦織)

 試合を見届けたマイケル・チャンコーチは、ここ2年のウインブルドンでは、錦織がケガを抱えてのプレーだったことを踏まえて、次のように振り返った。

「少なくとも圭がケガをせずに、ウインブルドンでプレーできたことはポジティブなことだと捉えています。(前哨戦の)ハレ大会では、(腰の)ケガがあって苦しんだので。だから、圭が健康な状態のままでウインブルドンを去るのは、我々にとってポジティブなこと」

この記事の続きを読む

1