ガチンコで強豪メキシコを撃破。W杯に挑むU−17日本代表の完成度

 新潟県内の各地会場で行なわれた国際ユースサッカー in 新潟(7月15日〜17日)で、U−17日本代表が優勝を果たした。今年10月のU−17W杯(インド)開幕が2カ月半後に迫っているチームにとっては、上々の仕上がり具合を感じさせる大会制覇となった。

 今大会、U−17クロアチア代表(1−1)、U−17メキシコ代表(1−0)、U−17新潟選抜(5−1)と対戦し、2勝1分けという結果を残したU−17日本代表。なかでも、U−17日本代表・森山佳郎監督が重視していたのが、大会2日目のメキシコ戦である。

 この世代の現・北中米王者にして、U−17W杯を過去に2度制している強豪に対し、指揮官は「メキシコ戦は(今回の招集メンバーのなかの)ベストでやる」。大会規定では1試合7名まで認められている選手交代も「本番さながら3名までにする」と、自ら縛りを設けて臨んだ勝負の一戦だった。

 結果は1−0の勝利。最少得点差の辛勝ながら、森山監督は、「徹底してボールを動かし、相手を動かし、スキを突くという、自分たちが目指しているサッカーができた。(1対1の局面で)戦うところでも、メキシコに負けていなかった」と選手を称え、「1−0のしびれるゲームを勝ち切ったことの収穫は少なくない」と手ごたえを口にした。

この記事の続きを読む

1