高配当狙いの中京記念。「中京ならオレの出番」と、この馬たちが言う

 今週末7月23日に中京競馬場で行なわれるGIII中京記念(芝1600m)は、3歳以上によるハンデ重賞。以前は2000mで行なわれており、1600mになったのは2012年からだが、過去5回の1番人気馬は7着2回、10着3回と、勝利どころか、一度も馬券にさえ絡んでいない。2014年の42万8240円を最高に、5年間の3連単平均配当は約27万5000円という、波乱必至のレースだ。昨年は3連単8万7790円と初めて10万円を下回ったが、1〜3番人気馬はすべて4着以下と、人気馬の信頼度は低い。今回はこの中京記念について分析してみよう。

 人気を集めそうなのが、前走のOP米子S(6月18日/阪神・芝1600m)を1分31秒9のコースレコードで快勝したブラックムーン(牡5歳/栗東・西浦勝一厩舎/父アドマイヤムーン)だろう。オープン特別は昨年11月のOPキャピタルS(2016年11月26日/東京・芝1600m)に続く2勝目だが、重賞では3戦して6着、9着、8着と好走歴はない。中京コースでは3歳時のフローラルウォーク賞(芝1600m)3着の1走だけ。それほど大きな強調材料はないが、米子Sの勝ちっぷりから、人気を集めるのは間違いないだろう。差し馬が台頭するケースが多いだけに、脚質的には問題ない。"人気馬は来ない"ジンクスをこの馬が破れるか。

この記事の続きを読む

1