ピットに「滑り込みセーフ!」。インディ界の「幸運男」が今季2勝目

 インディカー・シリーズ第12戦、トロントで優勝したのはジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)だった。今季2勝目でポイントランキングは4番手に上がり、トップとは23点差。一気にチャンピオンの目さえ出てきた。

 だが、今回はトップを争える速さがなかったことが幸いしての優勝だった。こんなことも起こるのがレースだ。不運に見舞われた方はたまらないが......。

 ニューガーデンの幸運は22周目に訪れた。トニー・カナーン(チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ)のアクシデントで出されたフルコースコーションを絶妙のタイミングで利用して、ピット作業を行なった。彼より前を走っていたエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)、シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)、グレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)の3人がピットロード入り口を通過した直後にイエローフラッグは振られ、即座にチームから出された「ピットインしろ!」という指令に対応できたのは、トップグループではニューガーデンだけだったのだ。

 インディカーのルールでは、イエローが出るとピットはいったんクローズにされる。全車がスピードを落とし、隊列が整ったらピットは再びオープンになる。ピットの再オープン後にタイヤ交換と給油を行なったカストロネベスら3人は、それぞれ14、15、16位まで大きく順位を落としてしまった。

この記事の続きを読む

1