世界の舞台で戦ったスラムダンク奨学生、鍵冨太雅が描くNCAA挑戦

 7月上旬、スラムダンク奨学金10期生(※)の鍵冨太雅(かぎとみ・たいが)はエジプトのカイロにいた。U19日本代表の一員として「U19ワールドカップ」を戦っていたのだ。

※スラムダンク奨学制度=漫画『スラムダンク』の作家・井上雄彦氏の「バスケットボールに恩返しがしたい」との想いで設立されたプロジェクト。奨学生をプレップスクール(大学に進学するまでの私立学校)に派遣し、14ヵ月間、勉強とバスケットボールのできる環境を提供している。【スラムダンク奨学金ホームページ→http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/】

 今年の春以降、彼は目まぐるしい日々を送っていた。スラムダンク奨学生として渡米し、コネチカット州にあるプレップスクール「セントトーマスモア」での留学生活が始まったのが4月。一方、U19代表は4月から6月にかけて毎月1回、東京で合宿を行なっており、鍵冨もそのたびに留学先から日本に戻ってきていた。

 普通なら留学生活に慣れるのに精一杯で、日本代表の活動まで手が回らないところだろう。だが、鍵冨の場合はどちらも経験していたことがプラスとなった。

 彼にとってアメリカでの生活は2度目。小学生のときに父親の駐在に伴ってニューヨークで暮らし、地元AAUチーム(クラブチーム)でもプレーしていた。そのため、英語でのコミュニケーションができ、留学前からアメリカのバスケットボールがどういうものかもわかっていた。過去の奨学生と比べて現地の生活に慣れるのに、さほど時間はかからなかった。

この記事の続きを読む

1