リオ2冠王者を破り、パラ陸上の佐藤友祈が 東京につながる金メダル2個

「今度こそ、金メダル」――昨年のリオデジャネイロ・パラリンピック銀メダリスト、佐藤友祈(ともき/GROP SINCERITE WORLD−AC)は有言実行のアスリートだ。

 ライバルであり目標だったレイモンド・マーティン(左)に勝ち、1500mの表彰式で笑顔の佐藤友祈(中央)。銅メダルは上与那原寛和(右) 7月14日からイギリス・ロンドンで開催されているパラ陸上の世界選手権(23日まで)。大会5日目の18日、T52(車いす)クラスの佐藤が400mを制し、16日の1500mと合わせ、狙っていた金メダルを2つ、しっかりとつかんだ。両種目とも、リオパラリンピックの金メダリスト、レイモンド・マーティン(アメリカ)と競り合った末の勝利。記録もそれぞれ56秒78、3分45秒89と、ともに大会新記録。圧巻の走りを披露した。

「リオで負けたマーティン選手に勝てて、うれしい」

 400mレースは午前中に行なわれた予選から激しいつば迫り合いを演じた。1組目の佐藤が大会新記録をマークすると、2組目のマーティンがすかさず塗り替え、予選1位で決勝へ。佐藤は、「いい走りができたと思ったんですが......。全体の1位で予選通過したかった。決勝でリベンジできたら」と意気込んだ。

この記事の続きを読む

1