ザウバーとは決裂か。「トロロッソ・ホンダ」 誕生がマジで秒読み段階へ

 ホンダとザウバーが締結した2018年以降のパワーユニット供給に関する合意が白紙に戻される――。そんな報道が飛び交う直前だったオーストリアGP翌日の月曜日、ホンダのF1活動の陣頭指揮を執る山本雅史モータースポーツ(MS)部長はスイスのヒンビルにあるザウバーのファクトリーにいた。

 ザウバーのオーナーである投資会社「ロングボウ・ファイナンス」のパスカル・ピッチ会長、そしてロングボウの実質的支配者であるテトラパック創業家のハンス・ラウジングらと会っていた。

 その場で提案されたのは、提携の解消ではなく、提携条件の見直しだったと山本MS部長は語る。

「オーストリアGPが終わった後の月曜日(7月10日)に、私がヒンビルに行ってザウバーと話をしてきましたが、実際のところ現時点では、解消するとかしないとかいう話にはなっていないんです」

 昨年10月以来、ホンダは当時のモニシャ・カルテンボーン代表との間で交渉を進め、パワーユニット供給とそれに関連するさまざまな条件を積み重ねてきた。そのなかにはザウバーが保有していないギアボックスの供給や、ホンダが推す日本人ドライバーの起用、ザウバーの施設を利用したF1以外の業務提携など、多岐にわたる項目が含まれていた。

この記事の続きを読む

1