今年は松山英樹が刻むか。全英OP、ロイヤルバークデールの「伝説」

WEEKLY TOUR REPORT
◆米ツアー・トピックス

 今季のメジャー第3戦、全英オープン(7月20日〜23日/イングランド)が開幕した。

 今回の舞台は、ロイヤルバークデールGC(7156ヤード、パー70)。イングランド・マンチェスターから北西に車で1時間あまり、サウスポートの街のすぐ南側に位置し、アイリッシュ海を望む英国を代表するリンクスコースのひとつだ。開場は1889年と、その歴史も古い。

 20世紀に入ってから、1922年に現在のレイアウトに改造されて、1954年に初めて全英オープンが行なわれた。以降、全英の"ロタ(※)"のひとつとなり、今年で10回目の開催。過去、偉大なチャンピオンたちがここから生まれている。
※ローテションによる開催コース。現在は10コースある。

 1961年大会では、アーノルド・パーマー(アメリカ)が全英オープン初優勝を飾った。その前年、パーマーはマスターズ、全米オープンを制して、全英オープンでは年間グランドスラムへの期待がかかったが、惜しくも2位。その雪辱を果たしたこともあって、パーマーのファン"アーニーズ・アーミー"も熱狂した。

 そんなファンを前にして、パーマーも初めて手にしたクラレットジャグ(全英オープンの優勝トロフィー)を高々と掲げて喜びを爆発させた。

「『偉大な選手』と呼ばれるためには、全英で勝たなければならない。この厳しい天候の中で、自分のやるべきことができた」(パーマー)

この記事の続きを読む

1