「君もやってみないか?」の勧誘でパラ・パワーリフティングが強化中

 下肢障がいの選手たちによる「パラ・パワーリフティング」。ベンチプレス台を使用し、鍛え抜かれた上半身の力のみでバーベルを持ち上げ、その重さを競う。バーベルを持ち上げるのはわずか3秒程度。肉体のみならず、一瞬にかける強靭な精神力も求められる。1キロでも重いものを持ち上げるというシンプルさのなかに、心技体を極限まで磨く選手のドラマが凝縮されている。世界を見れば、健常者の記録を上回る階級もあり、パラリンピックでは人気競技のひとつになっている。

 現在、国内でも競技者が増えつつあり、7月16日に北九州市で開かれた「ジャパンカップ」には、昨年のリオパラリンピックに出場した49kg級の三浦浩(東京ビッグサイト)、54kg級の西崎哲男(乃村工藝社)らトップ選手を含む44名がエントリー。昨年と比較すると10名増えて、そのうち7名が初出場だった。

 40代からでも正しいトレーニングを積めば、肉体も数字も変化を実感できること、健常者よりも強くなれる可能性を秘めていること、身体のメンテナンス次第で長く競技を続けられることなど、この競技の魅力は尽きない。現在は、3年後の東京パラリンピックを目指し、「新たに始めた若手選手や、他競技から転向する選手も多い」と関係者は話す。

この記事の続きを読む

1