【月報・青学陸上部】上半期を見た原監督 「今年は厳しい戦いになる」

◆極私的! 月報・青学陸上部 第37回

 第3回世田谷陸上競技会(世田谷記録会)――。

 5000mには青学大32名の選手がエントリーしていた。青学にとって上半期、最後の記録会となる。「箱根」を狙う選手たちは、ここでしっかりとした走りを見せておかないと夏の2次、3次の選抜合宿入りに響いてくる。中間レベルの選手たちは上半期の練習の成果を示し、監督にアピールしなければならない大事なレースだ。

 当日は天候が心配されたが、雨で少し地面が濡れた程度。日が落ちると時折さわやかな風が吹き、走るには良いコンディションになった。

 レースは仲 正太郎(2年)が先陣を切って8組でスタート。下田裕太(4年)ら主力が走る最終組の17組まで実力に合わせて、選手が各組に出場していく。

 今回、主力組でエントリーしていない選手がいた。中村祐紀(4年)は個人学生選手権後、「状態が今ひとつで、記録会に出てもタイムが上がらないのでやめました」と、この日は選手のサポートに回っていた。5月下旬の関東インカレでリスタートし、個人学生選手権で優勝を狙ったが思ったように走れず、調整に専念することに決めたという。

 他にも関東インカレで上々の走りを見せた鈴木塁人(2年)、序盤好調だった小野田勇次(3年)、富田浩之(3年)も参戦を見合わせた。上半期最後の公式レースの場に主力メンバーが欠けているのはやはり気になるところだ。

この記事の続きを読む

1