コンフェデ杯を勝った「ドイツ式5−4−1」の優位な点とダメな点

 昨年、フランスで開催されたユーロ2016で、4−3−3(4−1−4−1)は4−2−3−1に次ぐ使用率を誇った。20年前、4−3−3がここまで浸透するとは想像すらしなかった。4−3−3の宣伝役を担ってきたのはバルセロナだ。そのカリスマ性、そして布陣の流行性について、改めて思い知らされる。

 一方、ユーロ2016で3バックをメインに戦うチームは、ウェールズとイタリアに限られた。それぞれ3−4−2−1と3−5−2になるが、ここにきて3バック、とりわけウェールズ的な3−4−2−1が目立ち始めている。

 4−4−2を定番にするイングランドでも、例えば4−2−3−1をベースに戦っていたアーセナルが、昨季の終盤の数試合を3−4−2−1で戦っていた。1トップ、オリビエ・ジルーの下で構えるのはアレクシス・サンチェスとメスト・エジル。2人が閉じ気味に、いわゆるシャドーストライカー的に構えれば3−4−2−1。開いて構えれば3−4−3になる。

 先月ロシアで開催されたコンフェデレーションズ杯に、1軍半のメンバーを送り込んだドイツ代表も、それに似た3バックだった。決勝戦を戦ったメンバーで言えば、ティモ・ヴェルナーの1列下に位置するラース・シュティンドルとユリアン・ドラクスラーが開いて構えれば3−4−3、閉じ気味に構えれば3−4−2−1だ。

この記事の続きを読む

1