アイバーソンの帰郷に歓喜。 バスケ新リーグ「BIG3」がもたらす幸福

「故郷に帰ってくるチャンスが得られて嬉しいよ。キャリアを通じてサポートしてくれた、あなたたちを愛している。フィリー(フィラデルフィアの愛称)はいつでも僕の心の中にあるんだ」

 7月16日、「3×3(スリー・バイ・スリー)バスケ」の新たなプロバスケットボールリーグ「BIG3」の試合がファラデルフィアで行なわれ、元NBAのスーパースターであるアレン・アイバーソンがファンの前でスピーチした。その瞬間、ウェルズファーゴ・センターに集まったファンは大歓声。現役時代に76ersのエースとして絶大な人気を博したアイバーソンの"帰郷"に、フィラデルフィアは久々に沸き返った。

 6月25日にアメリカでスタートした「BIG3」。ラッパーや俳優として活躍するアイス・キューブの陣頭指揮で、多くの元NBAプレーヤーが参加することになった全8チームが、10週にわたって全米各地で毎週日曜にゲームを行なう。

 最大の目玉はアイバーソンだが、他にもチャンシー・ビラップス、ジャーメイン・オニール、ラシャード・ルイス、マイク・ビビー、ケニオン・マーティンといったビッグネームが顔を揃える。

 さらに、各チームを率いるヘッドコーチ陣も豪華だ。ジュリアス・アービング、ジョージ・ガービン、ゲイリー・ペイトン、クライド・ドレクスラー、チャールズ・オークリー、アイバーソン(選手と兼任)、リック・バリー、リック・マホーン......。そうそうたるレジェンドたちがサイドラインに立つことに、感激するオールドファンは多いはずだ。

この記事の続きを読む

1