アラブの王族もお手上げ。競走馬セレクトセールはジャパンマネー強し

 億万長者オーナーらの活発な購買活動で過去最高の盛況に終わった今年の「セレクトセール2017」(主催・JRHA日本競走馬協会)。大きく目立ったのはこうした日本のミリオンダラーたちだが、実は海外からの視線も例年以上に注がれていた。

 というのも、このところの日本調教馬によるドバイや香港、フランスなどの大レースでの好結果に加えて、日本ブランドの血統を持つ海外調教馬も世界各地で活躍が相次いでいるからだ。

 例えば、2014年のセレクトセールでカタールのシェイク・ファハド殿下に購買されたチリエージェの2014(牡3歳/父ヴィクトワールピサ)はWarring Statesと命名され、ドイツで調教を積み、当地のG?競走を勝利した。一昨年にオーストラリアの女性調教師ゲイ・ウォーターハウスが購買したアワーオアシスの2014(牡3歳/父バゴ)はフランスに渡り、Bag Raiderの名で先日、初勝利を挙げた。また、セレクトセール出身ではないものの、ハーツクライ産駒のYoshida(牡3歳)がアメリカで、ディープインパクト産駒のSeptember(牝2歳)がイギリスで、それぞれ準重賞を勝利している。

 とりわけインパクトが大きかったのがSeptemberの勝利だ。勝ったレースが王室主催のロイヤルアスコット開催で、2戦2勝の内容がいずれもパーフェクト。さらに、アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎の管理ということで、早くも来年のクラシック候補として注目が高まっている。

 それだけに、確実に日本の良血が上場されるセレクトセールは、いまや世界中からバイヤーが集まるものとなり、今年も多くの外国人関係者がセール会場に姿を見せた。

この記事の続きを読む

1