いきなり強いぞ、中田ジャパン。女子バレーが6年ぶりにブラジルを撃破

 7月16日、ワールドグランプリ2017仙台大会(宮城県・カメイアリーナ仙台)の最終日で、バレーボール全日本女子は同大会の前年覇者・ブラジルをフルセットで下した。日本がブラジルに勝ったのは、2011年のワールドカップで勝利して以来、6年ぶり。この試合まで12連敗していた相手に勝利した瞬間、中田久美新監督は両手を広げて天を仰いだ。

 試合後、勝因を聞かれた中田監督が「わかんないです」と素直に答える姿が印象的だった。ランキングポイントがつき、賞金も出るワールドグランプリには、毎年のように世界の強豪国が顔を揃える。そんな大会での国内初采配を、これ以上ない形で締めくくった。

 新指揮官も言葉に窮した勝因を挙げるとすれば、古賀紗理那の活躍を外すことはできないだろう。特に第1、第2セットは「古賀紗理那大作戦」と言ってもいいくらいだった。

 新鍋理沙、内瀬戸真実という守備のいい選手でスタメンが固められたことで、古賀はレセプション(サーブレシーブ)をほぼ免除され、"打ち屋"の役割に徹する。日本の第1セットの36打数のうち、古賀の打数が20本。初めてスタートから使われたセッターの佐藤美弥は、普段はミドルブロッカーの使用が多いが、この日は古賀にトスを上げまくった。

この記事の続きを読む

1