アメリカでも主力級。川澄奈穂美と宇津木瑠美の様子を見に行ってきた

 アメリカの女子サッカーリーグ・NWSLのシアトル・レインFCには2人の日本人プレーヤーが所属している。2011年ドイツワールドカップ優勝経験を持つ宇津木瑠美と川澄奈穂美だ。

 NWSLは10チームからなるアメリカ女子最高峰のリーグであり、FIFAランク1位のアメリカの強さを支える根源でもある。2017シーズンは現在第15節を終え、中盤戦に突入している。

 7月22日、シアトルはホームにスカイブルーFCを迎えていた。1試合多く戦っているスカイブルーは暫定3位。勝ち点2差で追いかけるシアトルにとって負けることは許されないホームゲームのスタメンに、2人は揃って名を連ねていた。宇津木は中盤3枚の真ん中に、川澄は1トップ気味の前線3枚の右に入った。

 序盤スカイブルーに押される形で試合は進んでいく。シアトル中盤の要であるジェシカ・フィッシュロックの戦線離脱による影響が大きいようだ。押されつつも決定機にまでは持ち込ませず反撃の糸口を探るシアトル。15分、宇津木がミーガン・ラピノーにパスを送ると、ラピノーがすぐさま強烈なミドルを見舞うがゴールはならず。その3分後、バイタルで競ったボールが川澄のもとへ転がり、放ったシュートは惜しくもDFにクリアされた。それでも、徐々に攻撃のリズムを刻み始めたシアトルは、27分、川澄が倒されて得たFKをラピノーが直接決めて先制点を奪い、前半を1−0で折り返した。

この記事の続きを読む

1