全英OP、日本中が愕然とした「痛恨の一打」を松山英樹が振り返る

 松山英樹(25歳)にとって、メジャー通算20回の出場となった全英オープン(7月20日〜23日/イングランド、ロイヤルバークデール)。6月の全米オープンで2位タイという結果を残し、なおかつ世界ランキング2位という立場にあって、日本人選手初のメジャー制覇への期待はこれまで以上に膨らんでいた。

 迎えた初日、松山は2アンダー、12位タイとまずまずのスタートを切った。悪天候に見舞われた2日目も粘り強いプレーを見せて、ふたつスコアを落としたものの、トップと6打差の10位タイと踏ん張った。

"ムービングデー"となった3日目も、首位を快走するジョーダン・スピース(23歳/アメリカ)との差はわずかに広がったものの、松山自身、4つスコアを伸ばして順位は5位タイまで浮上。最終日は最終組からふたつ前という、十分に上位を狙える位置からのスタートとなった。

 メジャー2勝を誇るスピースと7打差。それを逆転することは、決して簡単なことではないが、「1日に四季がある」と言われるリンクスコースでは何が起こるかわからない。松山本人も、「天気次第ですが、(優勝へ)少しはチャンスがあると思っています。(最終日を迎えるにあたって)面白い位置かなと思うし、(明日は)すごく楽しみな1日になる。絶好調というわけではないけど、まあ、かみ合えば、というところですね」と、それなりに手応えは感じているようだった。

この記事の続きを読む

1