8位通過から銀メダル。平井コーチは「あれが大橋悠依なんですよ!」

 世界水泳競泳2日目、7月24日の女子200m個人メドレー決勝。大橋悠依(東洋大)の銀メダル獲得と今井月(るな/豊川高)の5位に、平井伯昌コーチは「試合前に大橋のメダルの可能性があると言わなかったのはズルかったけど、本当に惜しかったルナも含めて『メダルもあるな』とこっそり狙っていたんです。もちろんふたりには『狙え』とは、はっきり言わなかったけど、大会の前にはこっそり話していました」と明かす。

 だが、前日の予選と準決勝での大橋は、そんな気配をまるで感じさせなかった。予選は2分11秒44で8位通過。準決勝は予選から2分07秒台を連発するカティンカ・ホッスー(ハンガリー)を筆頭に、6選手が8秒台と9秒台に入っているにも関わらず、大橋は2分10秒45のギリギリ8位で通過した。むしろ7位通過ながらも、自己ベストを出していた今井の方に勢いを感じるほどだった。

 それでも大橋のゆったりとした雰囲気が変わることはなかった。予選のあとのコメントでは、「150mまでは1分39秒57のベストラップなので、自分の感覚もタイムもいい感じで泳げていると思う。最後のフリーは様子を見て泳ぎました」と、世界大会初出場とは思えない余裕っぷり。

この記事の続きを読む

1