ホンダ復権へ。鈴鹿8耐に初参戦のジャック・ミラー独占インタビュー

 日本の夏の風物詩、鈴鹿8時間耐久ロードレースは今年で40回目の節目を迎える。2015年と2016年はヤマハファクトリーレーシングが連覇しているだけに、最大のライバルであるホンダは3連覇阻止と表彰台の頂点奪還を狙って、強力な布陣を敷いている。

 そのなかでも優勝候補の一角を占めるのが、事実上のファクトリーチームであるMuSASHi RT HARC-PRO.Hondaだ。今年のライダーラインナップには、8耐3勝の経験を持つ高橋巧と、同チーム出身で現在は世界選手権Moto2クラスを戦う中上貴晶(なかがみ・たかあき)、そして世界最高峰MotoGPに参戦する22歳のオーストラリア人、ジャック・ミラーという実力の高い3選手を配した。

 ジャック・ミラーは2014年にMoto3クラスで最終戦までもつれる激しいチャンピオン争いの末、わずか2ポイント差で王座を逃したが、翌2015年には彼の才能を高く評価したHRC(ホンダ・レーシング・コーポレーション)と契約を結び、MotoGPクラスへ「飛び級」デビューを果たした。2016年には第8戦・オランダGPで劇的な最高峰クラス初優勝も達成している。ミラーの8耐参戦は、その可能性が最初に囁かれた当初から世界中の耳目(じもく)を集めてきた。

 7月30日、午前11時30分に40回目の戦いの火蓋が切られる。このレースに参戦することが「以前からの夢だった」と語る彼の独占インタビューをお届けしよう。

この記事の続きを読む

1