【木村和久連載】ゴルフ場には取扱注意の「珍客」がいっぱい

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第115回
 地球温暖化のせいで森の食べ物が減ってしまったのか、最近ゴルフ場で出会う動物たちが増えている気がします。いい迷惑なときもありますが、微笑ましい光景を目の当たりにすることも......。今回はそんなお話をしたいと思います。

 日本のゴルフ場において、出会う生き物のナンバー1は、なんといってもカラスでしょう。全国的に生息しており、その行動は実に滑稽です。

 2年前、沖縄で開封前の『キットカット』を箱ごと持っていかれました。くちばしでつついて箱をあけて、チョコレート三昧です。カラスは実に器用ですね。

 先日も関東で、友人がおにぎりを持っていかれました。ラッピングしたままだったのですが、ちょっと離れたところに持っていき、丁寧にラップの包装を解いて優雅に食べていました。包みを開くのは、意外と人間よりもうまかったしりして......。

 カラスの被害が多いゴルフ場では、当然モノ入れにはフタがあって、きちんとガードしています。でも、プレーに夢中になっていると、ついついカゴの外にモノを置いたままにしてしまうことがあるんですよね。

 カラスのいたずらと言えば、昔は白いボールを卵と間違えて持っていった、なんて話をよく聞きました。しかし今や、そんな話は皆無です。1年中ゴルフ場にいるカラスは、さすがに「あれ(ボール)は卵ではない」と学習したのでしょう。

この記事の続きを読む

1