真夏の電撃戦アイビスSD。血統的視点から勝ち馬がクッキリ浮かんだ

 今週末7月30日に新潟で行われるGIIIアイビスサマーダッシュは、3歳以上による重賞競走。JRAで唯一の芝1000m重賞であり、唯一の直線コースでの重賞だ。今回はこのレースを主に血統的アプローチで予想してみたい。

 今年ここまでも含めた過去約5年のJRA芝1000〜1200mの勝利数ベスト5はサクラバクシンオー、アドマイヤムーン、ダイワメジャー、キングカメハメハ、ディープインパクトの順となるが、新潟芝1000mに限るとかなり傾向が異なってくる。1、2位のサクラバクシンオー、アドマイヤムーンは変わらないが、3位にはヨハネスブルグがJRA芝1000〜1200mの7位から浮上。勝率17.2%、連対率41.4%は1位のサクラバクシンオー(勝率8.4%、連対率14.3%)を遙かに上回る好成績だ。その他、マイネルラヴ、キンシャサノキセキ、クロフネ、ショウナンカンプなどが、このコースで成績を上げている。

この記事の続きを読む

1