新生サンフレッチェが初陣。J1残留の「黄信号」は青に変わるのか

 ヤン・ヨンソン監督を招聘して新たなるスタートを切ったサンフレッチェ広島だが、灯った信号は依然として黄色のままである。

 新体制がベールを脱いだ7月26日のルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦は、FC東京に0−1と敗戦。森保一監督が指揮していた第1戦でも0−1と敗れており、2試合の合計0−2で今大会からの敗退が決定した。

 ヨンソン監督が就任してまず大きく変わったのは、そのシステムであろう。ミハイロ・ペトロヴィッチ時代から数えれば10年近く慣れ親しんできた3−4−2−1からの脱却を図り、新監督は4−2−3−1を採用。4バックには右から、新加入のDF丹羽大輝(6月にガンバ大阪から移籍)、DF野上結貴、DF水本裕貴、DF高橋壮也が並んだ。

 ただし初陣を見たかぎりでは、3度のJ1優勝という成功をもたらし、選手たちの身体に染みついている3−4−2−1から4−2−3−1への改革は、簡単な作業ではなさそうだ。それほどにピッチで表現されたサッカーは、どこかチグハグに映った。

 特に序盤は乱れが顕著だった。ポジニョニングの違いからかパスミスを連発した広島は、同じく新システムとなる3−1−4−2に挑戦したFC東京にことごとくボールを奪われた。開始4分にはMF中島翔哉にボールを運ばれると、左ウイングバックを務めるDF小川諒也にシュートを見舞われる。さらに前半11分にも中島にミドルシュートを狙われ、それで与えたコーナーキックからDF山田将之にポスト直撃のヘディングシュートを許すなど、終始優位に試合を進められた。

この記事の続きを読む

1