青森山田、東福岡、前橋育英が早々に激突で、高校総体サッカーが熱い!

 前評判どおりに強豪校が凱歌を響かせるのか、それとも新興勢力が新たな歴史を刻むのか――。

 宮城県で開催される全国高等学校総合体育大会(以下、総体。通称インターハイ)。都道府県の代表55校(北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府の代表は2校)が出場するサッカー競技は7月29日に開幕し、8月4日に決勝戦が行なわれる。

 通常より短い35分ハーフ(決勝以外は延長戦なしの即PK戦)で行なわれるとはいえ、炎天下の中での戦いは実に過酷だ。しかも、最後まで勝ち上がれば、1回戦から決勝までの最大6試合を7日間で消化するハードスケジュールとなる。気力と体力がなければ、頂点に立つことはできない。

 さて、今年は各地で有力校が順当に出場権を獲得し、全国大会に駒を進めてきた。そのなかで優勝候補に挙げられるのは、昨年の高円宮杯U−18チャンピオンシップを制し、高校選手権でも悲願の初優勝を遂げた青森山田(青森県)に、選手権準Vの前橋育英(群馬県)、そして昨年の総体覇者である市立船橋(千葉県2)と、一昨年の総体と選手権の二冠に輝いた東福岡(福岡県)の4校だ。

 そのうち、全国大会の冬、夏連覇を狙う青森山田がV候補の筆頭であることは間違いない。昨年からレギュラーとして活躍してきたU−18日本代表のMF郷家友太(ごうけ・ゆうた/3年)と、主将のDF小山内慎一郎(おさない・しんいちろう/3年)が攻守の要となり、ふたりを中心にして今年もハイレベルなサッカーを展開する。

この記事の続きを読む

1