注目のポドルスキはスタッフも面白い。専属通訳の破天荒なサッカー人生

 来日してから約3週間。ルーカス・ポドルスキは今、日本にフィットしようと懸命なようだ。

「結構、日本語を話したりするんですよ。ポルディ(ポドルスキの愛称)は発音がいいのか、簡単な日本語だと日本人が話しているみたいです。まじめで、自身の得点について質問されたりしても、『まずはチームの勝ち点3が大事で、得点は二の次』という話をしています」

Jリーグデビュー直前のルーカス・ポドルスキと通訳の村上範和氏 こう明かすのは、ポドルスキの専属通訳をつとめる村上範和氏(35歳)だ。横浜フリューゲルスジュニアユースから横浜マリノスユースを経て明治大学に進学。昨季末まで約15年間国外でプレーし、今回の通訳就任を機にスパイクを脱いだ。今や多くのサッカー少年がJリーグを経験しないまま海外でのプレーを志す。ドイツにはそんな日本人選手が多くおり、村上氏もそんなひとりだった。

 今回の通訳就任は、マリノスユース時代の恩師がヴィッセル神戸の強化本部長を務めていることが直接のきっかけだった。就任が決まると、ポドルスキは3月にドルトムントで行なわれた自身の引退試合に村上氏を招待。その後はポドルスキの実家で家族との顔合わせまで行なったという。

この記事の続きを読む

1