「ホンダのせいにできないコース」で問われるマクラーレンの車体性能

 第11戦・ハンガリーGPはマクラーレン・ホンダにとって大きな試金石となる。

 曲がりくねったツイスティなハンガロリンクは、パワーの大小がラップタイムに及ぼす影響が小さい。つまり、いつもパワー不足で苦戦を強いられているマクラーレン・ホンダの車体性能がいったいどれほどのものなのか、それがはっきりと見えてくるはずなのだ。

 ザウバーとの2018年以降の提携解除が決まった今、マクラーレンとホンダの関係は重要な局面を迎えている。ここで車体性能とパワーユニットの性能をはっきりと確認し、シーズン後半戦、さらには来季に向けた前向きな展望と手応えを掴み取りたいところだ。

 ハンガリーGPの週末を前に、フェルナンド・アロンソは言う。

「バクー(第8戦)やシルバーストン(第10戦)では(パワー不足のせいで)大きな影響を受けて厳しいレースを強いられてきたけど、ここはサーキットレイアウト的にポジティブなレースができる。僕らはパワーユニットとマシンのそれぞれの弱点をわかっているし、ここでは僕らのパッケージの強みが生かせるはずだ。コーナーの多いツイスティなコースなので、そこまでパワーが必要ではなく、シャシー性能で勝負できるからね」

 ストフェル・バンドーンもハンガロリンクでの好走に期待を寄せている。

この記事の続きを読む

1