金じゃなくても大きな意味のある男子200m平泳ぎ「ダブル表彰台」

 今大会初の日本勢ダブル表彰台を達成したのは、200m平泳ぎでの小関也朱篤(やすひろ/ミキハウス)と渡辺一平(早大)の銀、銅メダル獲得だった。

 2分06秒67の世界記録を持つ渡辺と、大会前の今季世界ランキング2位の2分07秒18を持つ小関だけに、ダブル表彰台への期待は高かったが、そう簡単にはいかず予選の時点では、その夢が危うくなったかに見えた。

 第4組の渡辺はでラスト50mでは最後の爆発力を持つアントン・チュプコフ(ロシア)に逆転されて突き放されたが、2分09秒30で全体の3位通過とまずまずの泳ぎをした。同じチームの坂井聖人(200mバタフライ・早大)は高地トレーニングからの下山直後という状況で力を出し切れずに終わったが、「僕の場合は100mで予選落ちしたことで、1回刺激を入れられた」と、好調ぶりをアピールした。

 これに対して、100mで3位に0秒05差の4位、25日の50mでは予選と準決勝で日本記録を連発していた小関は、予選でスピードが上がらず2分10秒38で12位通過という不安の残る結果になってしまう。

この記事の続きを読む

1