泣き崩れる萩野公介に胸熱。ひとりで背負うな、あと1レース頑張れ!

世界水泳短期集中連載・「キャプテン」松田丈志の目線(6)
「俺たちはできる」。そう感じたレースだっただろう。

 世界水泳競泳6日目、競泳日本初のダブル表彰台が男子200m平泳ぎで実現した。表彰台に上がったのは銀メダルの小関也朱篤(やすひろ)と銅メダルを獲得した渡辺一平だ。タイムは小関が2分07秒29。渡辺が2分07秒47。ともに自己ベストではなかったが、この際もうタイムは関係ない。メダルを獲ったことが何より重要だ。

 2人にはひとつ共通する課題があった。それは大事なレースで「自分の力を発揮する」ということだ。

 2人のリオ五輪での200m平泳ぎと昨日の泳ぎを振り返ってみる。

 渡辺はリオの準決勝でオリンピックレコードの1番通過で決勝に進んだが、決勝ではタイムを落とし、メダルには手が届かなかった。準決勝では彼の持ち味である大きな伸びのあるストロークで自分のペースで泳げたが、決勝は硬くなったうえに、レース展開も周りを見過ぎてしまい、消極的になってしまった。本人も明確なレースプランを持てぬまま決勝に挑んでしまったと言っていた。

 渡辺にとっては初めての世界舞台がリオオリンピックだったわけだから、決勝に行くだけでも素晴らしいことなのだが、準決勝と同じ泳ぎができていれば金メダルだっただけに、本人も周りも失望を味わったことだろう。

この記事の続きを読む

1