次は全米プロ。全英を制したスピースのキャリア・グランドスラムなるか

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季のメジャー3戦目となる全英オープン(7月20日〜23日/イングランド、ロイヤルバークデールGC)は、ジョーダン・スピース(24歳/アメリカ)の勝利で幕を閉じた。

 スピースのメジャー勝利は、2015年のマスターズ、全米オープンに続いて3勝目。23歳11カ月26日でのメジャー通算3勝は、タイガー・ウッズ(アメリカ)よりも早く、ジャック・ニクラウス(アメリカ)と並ぶ若さで達成した大記録となる。

 ここ最近のメジャーは、7大会連続で優勝者が「メジャー初制覇」という状況が続いていた。スピースはこの"記録"にもストップをかけて、4大メジャー全制覇となる"キャリア・グランドスラム"達成まであとひとつとなった。残すタイトルは、全米プロ選手権である。

 その全米プロは2週間後、8月10日から13日までアメリカ・ノースカロライナ州のクウェイルホロークラブで開催される。もしスピースが今年の大会を制することになれば、2000年の全英オープンでキャリア・グランドスラムを達成したタイガー・ウッズ(24歳206日)の記録を塗り替えて、史上最年少での快挙達成となる。

 ところで、キャリア・グランドスラムにあとひとつ、"王手"までかけながら記録達成を果たせなかった選手も結構いる。古くは、メジャー通算11勝も挙げながらマスターズだけ勝てなかったウォルター・ヘーゲン(アメリカ)。ただ、彼の場合、全盛期を過ぎたあとにマスターズが創設されたため、仕方がないとも言える。

この記事の続きを読む

1