「CB鮫島彩」で強豪国に挑む、なでしこジャパンの攻守に必要なもの

 なでしこジャパンがアメリカ、ブラジル、オーストラリアとともに参加する「トーナメント・オブ・ネイション」が28日(日本時間)に開幕し、ブラジルとの初戦に臨んだ日本は、籾木結花(日テレ・ベレーザ)のゴールで先制したものの、最後の最後でブラジルに追いつかれ、引き分けに終わった。

 2017年シーズンに入って、すでに7試合の国際試合を重ねている、なでしこジャパンだが、課題として浮き彫りになっているのが"決定力不足"である。これまでは同格もしくは、格下相手との実戦が多かったが、今大会の対戦チームは各地域を牽引する強豪たちだ。

 初戦のブラジルは、世界屈指のストライカーであるマルタを要する個性際立つチームである。前線のほとんどの選手が、スピードあるドリブル突破から豪快なシュート力を兼ね備えているツワモノぞろいだ。それでもこの初戦は勝つべき試合だった。

 立ち上がりこそ、ブラジルのスピード攻撃への対応にもたつきを見せた日本も、落ち着いた判断をできるようになるまで時間はそうかからなかった。組織力をフル稼働させる日本の守備に切り込んでくるマルタ。33分には宇津木瑠美(シアトル)、万屋美穂(ベガルタ仙台L)、鮫島彩(INAC神戸)を次々にかわしてシュートに持ち込む。37分にも中盤でボールを奪って独走、一気にシュートまで運ばれるもギリギリのところでGK山下杏也加(日テレ・ベレーザ)が触ってCKへ逃れた。

この記事の続きを読む

1