宿敵・韓国もビックリ。ハンドボール「ダグルジャパン」は気迫が違う

 昨年のリオデジャネイロオリンピックへの出場も叶わず、1988年のソウル大会を最後にオリンピック出場権を逃し続けている日本ハンドボール男子。今年2月、日本ハンドボール協会は世界が認める名将ダグル・シグルドソンを代表監督として招聘し、新たな船出を切った。

 1973年にアイスランド・レイキャヴィクで生まれたダグル監督は、現役時代に国内リーグ優勝5回のほか、アイスランド代表として欧州選手権やアテネオリンピックに出場した経歴を持つ。引退後はコーチや監督を歴任し、2015年には世界最優秀監督賞を受賞したハンドボール界屈指の名将である。2016年のリオデジャネイロオリンピックでドイツ代表を率いて銅メダルを獲得後、その去就に注目が集まっていたが、日本代表監督就任のニュースが伝わると世界中が仰天した。

 だが、彼が2020年東京オリンピックに向けての「切り札」として再建を託されたのは、指導者としての輝かしい経歴だけが理由ではない。ダグル監督は2000年から2002年まで湧永製薬(現ワクナガレオニック)に所属し、日本リーグでプレーした経験があることが決め手となったからだ。

 ダグル監督はドイツ代表の指揮を続けることよりも、日本で指導者として新たなキャリアを始めることを選んだ。日本人選手とともにプレーし、日本人の考え方や特質を理解していることは、日本代表チームを率いるうえで絶対的な強みとなることは間違いない。ダグル監督は自らの指導方針を次のように語る。

この記事の続きを読む

1