W杯の切り札に。野口竜司は「ポスト五郎丸」の枠を超えたラガーマン

 4月から6月にかけ、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)率いるラグビー日本代表は7試合のテストマッチを行なった。そのなかで大ブレイクしたのが、野口竜司(東海大)だった。

 野口は7試合すべてに先発出場を果たし、ルーマニア代表、アイルランド代表にベストメンバーで挑んだ6月のツアーでは、学生で出番をもらった唯一の選手となった。

 7月中旬、神奈川県にある東海大の湘南キャンパスで、野口は取材に応じた。普段は人見知りで物静かな男だが、ラグビーの話になれば口は滑らかになる。

 最近、どう過ごしているのかという質問に、野口はこう答えた。

「走りながらキックをするという課題が自分のなかであったので、時間をつくってやるように心掛けています。相手がどのくらいプレッシャーをかけてくるかをイメージして、チームメイトにその通り走ってもらって、そのなかで蹴るという練習をしています」

 日本代表の活動中に見つけた課題を解消するため、黙々と個人練習を重ねていた。

「代表ではチームとして大外にパスを振りながらキック、というのをしていたのですが、うまくコントロールできなくて。トップスピードになると蹴れなくて、スピードを落としてしまうと相手にキックだとわかられてしまう。スピードを八分ぐらいでコントロールしながら、蹴るのか、それとも蹴らないのか。両方のオプションを持ちながらプレーできるように......」

 野口のポジションはフルバック。かつて日本代表のこのポジションには、五郎丸歩が君臨していた。

この記事の続きを読む

1