【国際プロレス伝】キャデラックで東京→三島を1時間。死ぬかと思った

【第14回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

 グレート草津の「付け人」となったアニマル浜口はプライベートもともに過ごした。大酒呑みの草津を周囲が敬遠しようとも、浜口は「草津さんのことを尊敬していた」という。しかし、草津とともにクルマで高速道路を走っていたとき、衝撃的な事態が襲いかかる。そのとき、グレート草津がとった行動とは――。
◆「国際プロレス四天王」のひとり・グレート草津(3)

 酒好きで酔うと酒グセが悪いときもあったグレート草津は、若手レスラーから敬遠されていた。そこでアニマル浜口は、「草津先輩に酔われると厄介」だからと、一計を案じた。『先に酔っ払っちゃえ作戦』だ。

「あるとき、僕は腹をくくって呑みまくり、草津さんより先に酔い潰れたんです。そうしたら、事もあろうに先輩の目の前で吐き出してしまってね。すると、草津さんは「ハマ、テメェこの野郎、俺の酒を吐くとは大したもんだ!」と笑いながら、床にブチまけたものを手ですくって掃除してくれたんです。感激のひと言です」

 吐いて先輩に認められた者など、後にも先にも浜口ぐらいだろう。

「それからは言いたいことを言える間柄になりました。草津さんのことをよく言わない人は上にも下にもいたと思いますが、なぜか気が合ってね。兄弟のような付き合いをさせてもらいましたよ」

 草津の「付け人」とはいうものの、浜口は運転免許がなかった。草津のクルマはキャデラック。運転するのは、いつも草津だった。

この記事の続きを読む

1