巨人OBに聞くAクラスへの条件「本塁打を捨て、走る野球の実践を」

 8月1日現在、巨人は45勝48敗1分で、3位のDeNAと3.5ゲーム差の4位につけている。7月こそ13勝8敗1分と勝ち越したものの、5月から6月にかけて球団ワーストとなる13連敗を喫するなど、なかなか勢いに乗れない戦いが続いており、2006年以来となるBクラスも現実味を帯びている。ここから巻き返し、クライマックス・シリーズに進出できるAクラスになるには何が必要なのか? 巨人OBの槙原寛己氏、鈴木尚広氏に聞いた。
※成績、記録はすべて8月1日現在のもの

 まず巨人の今シーズンの戦いについて、両氏の見解を聞いてみた。

「13連敗したときもそうでしたが、投打のかみ合わせがよくないですね。投手がいいピッチングをしているときは打者が点を取れない。逆に、打者が点を取るときは投手が抑えきれない。今年の巨人に限っては、勝ちパターンが確立されていません。それがここまで苦しい戦いを強いられている最大の原因ではないでしょうか」(槙原氏)

「球団史上最多となる13連敗を喫したことはもちろん痛かったですが、それよりも広島に勝てないことの方が深刻だと思います。一度、苦手意識を持ってしまうと、なかなか抜け出せません。私も現役時代に中日に勝てない時期がありました。意識していないつもりでも先制されると後手に回ってしまいますし、リードしていても『いつか逆転されるのではないか』と不安になってしまう。今の巨人と広島の関係が、まさにその状況に近いと思います。まずは広島への苦手意識を払拭することが最優先でしょうね」(鈴木氏)

この記事の続きを読む

1