「大鵬の孫で貴闘力の息子」が、努力も惜しまず高校横綱の称号に挑む

 今年の高校相撲日本一を決める「全国高校相撲選手権大会」が、8月4日から6日まで宮城県大崎市で行なわれる。個人戦での優勝者に"高校横綱"の称号が与えられるトーナメントでは、埼玉栄高校の主将として初出場する納谷幸之介(なや・こうのすけ)に注目が集まっている。

 母方の祖父が、幕内優勝32回を誇る昭和の大横綱・大鵬(故・納谷幸喜氏)で、父が元関脇・貴闘力(鎌苅忠茂氏)という最強のDNAを受け継いだ納谷。高校生活の集大成の大会を前に、「団体戦では優勝。個人もできるだけ上を目指していきます」と力強く宣言した。

 納谷は、2000年2月14日に貴闘力の三男として生まれた。父の貴闘力は2002年の9月場所で引退し、2005年5月に大鵬が定年退職したことに伴って、大鵬部屋(東京・江東区)を受け継いで「大嶽部屋」を興した。自宅が相撲部屋になったことで、物心がつく頃には自然とまわしを締め、「力士と一緒に遊び感覚で」相撲を取っていたという。時には父の胸を借りることもあり、あっという間に相撲にのめり込んでいった。

この記事の続きを読む

1