「女子大生コンビ」がトライ量産。日本代表が女子ラグビーW杯へ出陣

 8月9日(日本時間8月10日)、アイルランドにて女子ラグビーワールドカップが開幕する。それに先立ち、15年ぶり4度目の出場となった「サクラフィフティーン」こと女子ラグビー日本代表28人(フォワード16名・バックス12名)の本大会出場メンバーが発表された。

 日本でのワールドカップ2019を控える男子よりも先に「ベスト8」を目指す女子日本代表。そのメンバー内で「黄金世代」と呼ばれ、チームの中心となっているのが、今年度に20歳を迎える1997年4月〜1998年3月生まれの大学2年生6人(PR江渕まこと、FL塩崎優衣、FL鈴木彩夏、SH野田夢乃、WTB堤ほの花、FB清水麻有)だ。

 なかでも日体大ラグビー部に所属する同級生のふたり、20歳のWTB(ウイング)堤ほの花と19歳のFB(フルバック)清水麻有は、「高速連続アタック」を標榜する女子日本代表BK(バックス)の中心選手として、トライに絡むプレーが期待されている。

 来年の成人式のために日焼けを人一倍気にしている堤と、食わず嫌いが多くて最近になってラーメンや卵かけご飯を食べられるようになったという清水。そんなふたりの見た目の印象は、ごく普通にいる大学生と何ら変わらない。

この記事の続きを読む

1