新城幸也が激闘のツールを語る。「今年は僕が勝つ大会ではなかった」

 バーレーン・メリダに所属するプロロードレーサー、新城幸也(あらしろ・ゆきや)が世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」を3時間18分16秒遅れの総合109位でゴールした。出場7回にして7度目の完走という日本自転車界では他に類を見ない快挙を、まるで何事もなかったかのように成し遂げている。

 新城は沖縄県石垣島出身の32歳。2007年と2013年に全日本チャンピオンに輝き、2012年のロンドン五輪と2016年のリオデジャネイロ五輪に出場した日本を代表するトップレーサーだ。ツール・ド・フランスは2011年と2015年をのぞき2009年〜2017年の9年間で7回出場し、そのすべてを完走している。ジロ・デ・イタリアは2010年と2014年、そしてブエルタ・ア・エスパーニャは2015年に完走し、グランツールと呼ばれる3大大会を全走破。途中リタイアは一度もない。

 2015年まで新城はフランスチームで走ってきたが、2016年にイタリアのランプレ・メリダ(現UAEチーム・エミレーツ)へ移籍。そして今季、バーレーン王国に新チームとして誕生したバーレーン・メリダに加入した。バーレーンは18世紀にアラビア半島から移住したハリーファ家が基礎を作り、1932年に石油の生産を開始。近代化を進めて1971年にイギリスから独立した。同国五輪委員会会長を務めるナセル・ビン・ハマド・アル・カリファ王子がこの自転車チームを統括する。

この記事の続きを読む

1