ケガを味方にして己を高めた石川直宏。引退を発表も「まだ終わりじゃない」

 FC東京のMF石川直宏(36歳)が、今シーズン限りの現役引退を発表している。

 2000年に横浜F・マリノスに入団。2002年に移籍したFC東京でスピードスターとして頭角を現す。タッチラインを疾走する姿は天馬のようで、アテネ五輪に出場。日本代表にも選ばれている。
 
 一方で、ケガにつきまとわれた選手生活でもあった。3度の膝靱帯断裂を経験。膝のケガはサッカー選手の生命を脅かす。復帰まで約1年近くかかり、再発の危険を伴う。それで20年近く現役を続けられたことのほうが驚きだ。

「思っていた以上の回復ができていない」

 石川本人が明かすように、引退の理由もケガによるところが大きいだろう。しかしながら、石川はケガに負けたわけではない。むしろケガを味方にすらした。ケガによって、自らを鍛え、己を高めてきた選手だった。

「J1のピッチに戻ったとき、ひとつの作品にしよう」

 筆者は石川と昨年春、そんな約束をしていた。2010年に刊行した『アンチ・ドロップアウト』(集英社)に石川のルポを収録。ケガという運命に、少しも諦めず、勇ましく立ち向かう姿を描いた。2015年夏のドイツ遠征以来、ピッチに戻れていなかった石川と再会した際、「もう一度、描きたい」という衝動に駆られたのだ。

この記事の続きを読む

1