ツイッターをやめたら嫉妬も消えた。日比野菜緒の有意義な準優勝

「3度目の正直!」

 中国・江西オープン決勝戦に挑む心境を、彼女はそう吐露していた。

「3度目」が意味するところは、ここ最近の2度のWTAツアー大会決勝でいずれも敗れてきたという事実。江西オープンは日比野菜緒にとって、実に4度目のWTAツアー決勝戦であり、そして初の決勝で頂点を掴んで以来となる2度目のタイトル奪取に挑む戦いであった。

 現在22歳の日比野が踏破してきたツアーでの足跡は、起伏に富んでユニークだ。これまで7度出場したグランドスラムでは、初戦でことごとくトップシード選手に当たったため、いまだ勝ち星に恵まれない。その一方でこの3年間、必ず毎年一度はツアー決勝に進む勝負強さと爆発力を発揮している。

 ちなみに、日本女子の現役選手で日比野以外にツアー決勝に複数回出ているのは、土居美咲と奈良くるみ、そして伊達公子の3人のみ。1990年代に伊達が7度ツアー優勝したことをのぞけば、3人ともに決勝進出は2度なので、日比野の戦績はそれら先輩を上回るペースだ。

 2年前のツアー初優勝も、そんな彼女らしい、ある種の荒さのなかで掴み取った。

 ランキング213位で迎えた2015年は、母親から「今年ダメだったら、別のことをしなさい」とハッパをかけられた覚悟のシーズンだった。それでも序盤はなかなか結果を出なかったが、4月の岐阜ITF大会(ツアー下部大会)で同期の穂積絵莉に完敗を喫したときに、彼女のなかで意識変革が起きる。

この記事の続きを読む

1