教えて麒麟・田村さん。五輪新種目「3×3バスケ」ってどんなスポーツ?

 6月9日に国際オリンピック委員会の理事会がスイスで行なわれ、2020年東京オリンピックの正式種目として3人制バスケットボール「3×3バスケットボール」が追加で採用されることになりました。しかしながら、「3×3バスケってどんなルールなの?」という声もチラホラ......。そこで今回は、芸能界屈指のバスケ通として知られるお笑い芸人の麒麟・田村裕さんに「3×3バスケ」についてわかりやすく解説してもらいました。

 こんにちは、バスケ芸人の麒麟・田村裕です。僕は、最盛期には20チームほどの草バスケチームをかけ持ち、「週8」でバスケに励んだ結果、素人なのに疲労骨折したほどのバスケ好きです。

 そんな僕も、正直最初は「3×3(スリー・バイ・スリー)? 以前は3on3(スリー・オン・スリー)と呼んでいたのに、ずいぶんオシャレな呼び方になったなぁ」くらいの認識でした。しかし、そんな僕が3×3に深く関わるようになったのは、今から3年前のこと。2014年に日本バスケットボール協会が公認する3×3のトップリーグ『3x3 PREMIRE.EXE』が発足するタイミングで、チームオーナーを募集しているということを知ってからです。

「200万円の登録料を払えばチームのオーナーになれる」という話は、バスケ好きの僕には魅了的でした。しかし2014年といえば、某自伝の印税を早くも使い果たし、バスケに明け暮れ、練習後にバスケ仲間の大西ライオンと近所の安いラーメン屋で晩メシを食べるのが日課だったころです。

この記事の続きを読む

1