穴党記者が吟味。レパードSはこの3頭に「打倒エピカリス」を託す

 夏の新潟シリーズ注目の、3歳馬のダート重賞GIIIレパードS(ダート1800m)が8月6日に行なわれる。

 2009年に重賞として創設されて以降、このレースの勝ち馬からはトランセンド、ホッコータルマエといった、のちのGI馬が次々と送り出されている。昨年2着のケイティブレイブも、今年の地方交流GI帝王賞(大井・ダート2000m)を快勝するなど"出世レース"としての色合いが強い。

 それだけレベルの高いメンバーが集まることもあってか、さすが人気馬は安定した力を発揮している。過去8回の結果を振り返ってみると、1番人気は5勝、2着1回、3着2回、着外ゼロと、すべて馬券圏内に絡んで大崩れすることはない。

 そして今年、その1番人気に目されているのは、国内のダート戦では4戦4勝と無敗のエピカリス(牡3歳/父ゴールドアリュール)。3月のドバイ遠征ではGII UAEダービー(メイダン・ダート1900m)に出走。アタマ差の2着に敗れながらも、その能力は世界レベルであることを存分に見せつけた。

 その後、6月にはアメリカ三冠レースのひとつ、GIベルモントS(ベルモントパーク・ダート2400m)に挑戦。しかし、レース直前に右前脚のハ行を発症して、無念の回避となってしまった。

 今回は、それ以来のレースとなるが、はたしてその仕上がり具合はどうなのか。デイリースポーツの豊島俊介記者は、こう分析する。

この記事の続きを読む

1