ダルビッシュ移籍後初勝利。ナ・リーグとの相性のよさはホンモノだった

 トレード期限ぎりぎりの7月31日、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手がロサンゼルス・ドジャースに電撃トレードされました。そしてその衝撃的なニュースからわずか4日後、8月4日のニューヨーク・メッツ戦にドジャースのユニフォームを着たダルビッシュ投手が先発として登板。7イニングを投げて3安打無失点10奪三振と快投を披露し、移籍後デビュー戦を白星で飾りました。

 今シーズンのドジャースはメジャー最高勝率を誇り(77勝32敗・勝率.706/現地8月4日現在)、ナ・リーグ西地区で独走状態を築いています。同じ西地区2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスとは14ゲーム差。5年連続の地区優勝はほぼ間違いないでしょう。

 その快進撃の最大の原動力は、やはり投手力です。特に先発投手陣は防御率3.17、WHIP(※)1.14ともメジャートップを記録し、安定感のあるローテーション6人は質・量ともに申し分ありません。クレイトン・カーショウ(15勝2敗・防御率2.04)を筆頭に、アレックス・ウッド(12勝1敗・防御率2.45)、前田健太投手(10勝4敗・防御率3.90)、リッチ・ヒル(8勝4敗・防御率3.35)、ブランドン・マッカーシー(6勝4敗・防御率3.84)、柳賢振(リュウ・ヒョンジン/3勝6敗・防御率4.02)。この6人の先発陣はメジャー随一の豊富さと言っても過言ではないと思います。

※WHIP=被安打数と与四球数(与死球数は含まない)を投球回数で割った数字で、1イニングあたり何人の走者を出したかを示す数値。

この記事の続きを読む

1