ツアー優勝の杉田祐一に聞く。「シード獲得へ、年末までが勝負です」

 日本男子3人目となるATPワールドテニスツアーの初優勝を成し遂げたプロテニスプレーヤー・杉田祐一が、スポルティーバの独占インタビューに応じてくれた。

 取材当日の杉田はコートでのテニスウエア姿とは違い、整髪料で髪の毛をきちんとなでつけて、グレーのジャケットを着用し、"28歳の青年らしい"いで立ちで現れた。

 少し疲れ気味だった杉田は、大会現場で知っている筆者の顔を見つけると、少しホッとしたのかリラックスする素振りを見せて周囲を笑わせた。そして、いつもと変わらない、杉田の特徴でもある少し高めのよく通る声で話し始めた。
――ATP250レベルのアンタルヤ大会(6月25日〜7月1日、トルコ)の決勝で、アドリアン・マナリノ(62位、大会時以下同、フランス)を6−1、7−6(4)で破って、ツアー初優勝を決めた時の気持ちはどうでしたか?

杉田 正直、"決勝前"の方が実感していたというか......。準決勝が終わって翌朝起きて、「俺、今日ATPの決勝なのか」と思った時に、すごいうれしかったです。決勝は17時半開始で、戦うまですごい時間があったので、その時にここまで来たのかと――。(気温44度の酷暑のなかで行なわれた)試合は暑すぎて、「終わった〜」という解放感の方が大きくて(笑)。

――アンタルヤ大会の初代チャンピオンとなり、表彰式でトロフィーを手にした時の感想は?

杉田 うれしいっすよね〜(そばに置かれたトロフィーを触りながら)。大会のセレモニーも盛り上がって、もらう時はワクワクでした。(スピーチで)感謝だけはちゃんと伝えたいなと思って、この大会が続いていくことを願っていること、関係者へのお礼を言いました。

この記事の続きを読む

1