流経大柏、2度目の総体サッカーV。勝利にこだわる名将に選手が共鳴

 南東北で開催された夏の高校総体。サッカー競技・男子は宮城県を舞台にして行なわれ、千葉県代表の流通経済大柏が9年ぶり2度目(※)の優勝を飾った。
※2008年に初優勝した際は、悪天候のために決勝戦が中止。市立船橋(千葉県)との両校優勝。

 今大会は、昨年度の高校選手権の覇者である青森山田(青森県)、同準優勝の前橋育英(群馬県)、そして名門・東福岡(福岡県)と、優勝候補が同じブロックに入って早々に激突。序盤から強豪同士が潰し合う形となって、思わぬ伏兵校が台頭する可能性があった。

 また、例年総体は厳しい暑さの中で行なわれる。そのため、実力どおりの結果にならないことも多く、少なからず波乱が起こることも予想された。

 しかし、今年は雨や曇りの日がほとんどで、比較的体力の消耗は抑えられ、選手たちの疲弊は最小限にとどめられた。そうした状況にあって、各校とも持ち前の実力を存分に発揮して、最後まで質の高い試合が見られた。そういう意味では、各校の実力や勝負強さ、経験値やサッカーの質の高さが、純粋に問われる大会となったと言える。

 それだけに、流経大柏の優勝は価値がある。見事、前回準優勝のリベンジを果たしたその実力は、高校サッカー界の頂点を極めるに相応しいものだった。

この記事の続きを読む

1