まだ「ミハイロビッチの遺産」頼み。浦和レッズは混迷から抜け出せず

 2017シーズン、王座奪還を目論む浦和レッズ。序盤戦は6勝1敗1分と順調に勝ち点を稼いでいた。ところが第9節で大宮アルディージャに敗れて以来、3勝8敗1分と失速。とりわけ、失点がかさんだ。12試合で27失点、守りは破綻したに近かった。

「攻撃練習ばかりで守備練習をしない」

 批判的な論調がチームを取り巻くようになる。その結果、就任6年目のミハイロ・ペトロビッチ監督は解任。堀孝史コーチが監督に昇格することになった。

「準備の時間は短かったですが、守備の意識をもう一度、植え付けようとしました」

 堀監督は初陣となった大宮戦後に語った。だがこの試合も2失点を喫して勝ちきれていない。順位は8位に低迷したまま。試合翌日には、関根貴大がドイツ2部、インゴルシュタット移籍を発表。サイドで攻撃の渦を作っていた新鋭MFも欠くことになった。

試合終了直前に同点に追いつかれ、うなだれる浦和レッズの選手たち はたして、浦和は混迷から抜け出せるのか?

 8月5日、J1第20節。浦和はホームの埼玉スタジアムに大宮を迎え、「埼玉ダービー」を戦っている。

「監督交代後の1〜2試合はチームの調子が浮上する」

この記事の続きを読む

1